菓翔庵よしもとのWeb工場見学ツアーのページにお立ち寄りくださいまして、どうも
ありがとうございます。
プリンや、ゼリー、ドリンクゼリー、わらび餅、くずきり等のできるまでの様子を、工場内の
写真で順番にご案内させていただきます。どうぞゆっくりご覧ください。
・設備情報(設備投資機器詳細)については こちら >>>     
1.配合
 プリンやゼリー、くずきり、わらび餅等の原料になる粉体をレシピ通り配合します。
器具の殺菌
器具は使用するとき以外常は熱湯に浸けて殺菌しています。
2.投入・攪拌
レシピ通り配合されたプリンやゼリー等の原料になる粉体を釜でゆっくり攪拌し、炊き上げて生地にしていきます。
生地との会話
プリンやゼリー等の種類によって原料を入れる順番や生地を炊く時間が異なります。
製造責任者の経験と「生地との会話」によっていつも同じ食感と味の製品に仕上がっています。
3.脱気タンク
この機械は特にプリンで使用します。
プリンの生地の中にある空気(泡)を攪拌しながら抜く機械です。
その結果できた気泡のない生地を底から抜き、充填していきます。そうすることで味と食感がなめらかになり、仕上がりも気泡のないきれいなものになります。
果肉入りのゼリーやプリンの準備
生地の攪拌や脱気している間、ゼリーやプリンに入れる果肉を切ったり、カップを
用意したりして準備を進めていきます。
4.充 填
ラインの機械にセットされたカップにプリンやゼリーの生地が自動で充填されていきます。
ゼリーとプリンの2層タイプの充填
ゼリーとプリンの2層の商品は、先ずゼリー
の原料を半分くらい充填し、果肉を入れて
固まるのを待ちます。そしてその上からプ
リン原料を充填します。
5.カップのフィルムシール
ライン上のカップ全体にフィルムを被せ、シールして密閉します。そして1個ずつカップのフタの形にカットされます。
6.ボイル槽による殺菌
当社特注のボイル槽で殺菌していきます。
商品によってボイルする時間と温度が異なるので、徹底管理されたうえでゆっくりと熱湯殺菌されていきます。
ボイル後ある程度冷却されて出てきます。
酸味のあるプリンは製造の最終段階
酸味のあるプリンのように自己制菌能力のあるタイプの商品は、ここが製造最終段階になり、包装・梱包されて出荷されます。
7.レトルト処理による殺菌
酸味のあるプリンと違い、自己制菌能力がない中性のプリン等は、ボイル槽による殺菌ではなく、高温と高圧のレトルト処理によって一定時間殺菌します。
8.完成・出荷
完成した商品は色々な包装・梱包を施し、全国へ出荷されていきます。

ご要望があれば、プリン・ゼリー等のカップのまま包装ナシで出荷することもできます。
ありがとうございました
当社では各地域の特産品の地産地消を目指したプリンや、ゼリー、ドリンクゼリー、わらび
餅、くずきり等の観光おみやげ品、今までにない新しいアイデアを形にしたおみやげ品等、
多岐に渡るお客様のご要望にお応えしております。
大量生産から小ロット生産まで、ロットについてもご相談させて頂いております。
どうぞお気楽にご相談ください。